バイクのシャッターキーをなくしたらこじ開けるしかない?

バイクのシャッターキーが分かりますか?

このシャッターキーは、キーホールを改ざんから保護する効果がありますが、時にはトラブルにつながります。

そこで、今回は、モペットマスターシャッターキーについて、オリジナルのキートラブルとシャッターキーのシャットダウン時の対処方法を教えてください。

マスターのシャッターキーを開く方法がわからないため、目的地から移動することができない可能性があります。事前に知っていれば、パニックなくスムーズに対応できます。

最初に意図したシャッターキーは何ですか?

マスターのシャッターキーを聞いてもピンがあまり来ない人がいるかもしれません。

マスターのシャッターキーはキーホールを保護するためのキーで、盗難の際にキーホールを改ざんすることを防ぐためのものです。

しかし、シャッターキーは、キーがなくても誰でも簡単に閉じることができるので、いたずら目的で他人によって閉じられることがある。

そのため、元々下降してもハングしませんでしたが、帰ってきたときにシャッターキーが当たってしまうという問題が多かったです。

元のシャッターキーを開く方法は簡単です。

元のマスターキーのロックを解除するためのプロトタイプは付属しているので、突起を引っ掛けるだけで開くことができます。

ただし、目的地でシャッターキーを閉じると、開けなくなることがあります。

シャッターキーを開けない場合はどうなりますか?

また、元のシャッターキーが何らかの理由でシャットダウンされた場合、どうすればいいですか?

私は次の章以降で説明します。

元のシャッターキーが開かない理由は何ですか?

モペットや自転車に関しては、多くの盗難が発生しました。

したがって、各製造会社は、盗難防止システムを導入することでトラブルにつながるよう努力しています。

シャッターキーは、キーホールの一部でキーホールを保護します。

非常に便利ですが、キーなしで開くのは難しいので、シャッターキーを目的地に置くのは面倒です。

問題になる前にシャッターキーが開かない理由を見てみましょう。

考えられる原因は次のとおりです。

シャッターを閉じるとキーが失われた

シャッターキーの多くは、元のエンジンを出す「メインキー」デザインの一部です。

したがって、メインキーを紛失した場合でも、シャッターキーを開くことはできません。

また、メインキーとシャッターキーが別体であっても、シャッターキーを紛失してもシャッターを開くことはできません。

シャッターを閉じたままにして、メトインのキーをロックする

マスターキーの非常に多くの問題は、シートの下にある収納スペース(キーインイング)のキーをロックすることです。

メインキーとシャッターキーが張り合わされていることに加えて、メインキーが手元にあっても、シャッター用のキーをメーターインにシャットダウンするなどの場合があるので注意が必要です。

シャッターキーが破損しています

多くのシャッターキーは、シャッターキーを六角形の凹部に合わせて回してシャッターを開閉します。

したがって、キー側が物理的に損傷し、押し込み部で不十分になると、シャッターが開かないことがあります。また、シャッターキーは、内蔵磁石の配列に応じて適切なキーであるかどうかを決定します。

物理的な損傷に加えて、何らかの理由で内蔵磁石の磁力が弱くなると、シャッターをうまく開けることができないように思われる。

シャッターキーのトラブルのためにキーを開く専門家に尋ねるのが最も安全です。

しかし、私は深夜のゾーンにいた、私はプロの到着を待つことができませんでした!

私は今それをしたい!

そのような状況があるかもしれません。

プロフェッショナルに頼ることができないときは、オリジナルのシャッターキーを開く方法も確認しましょう。

元のシャッターキーを自分で開くことはできますか?

シャッターキーが開いていないときは、それを自分で処理できますか?

独自のシャッターキーを開く方法として、シャッターキーを破棄する方法があります。

お勧めの方法ではありませんが、緊急事態が発生していない場合もあると思いますので、その方法を紹介します。

シャッターキーを破壊する方法

シャッターは薄い金属板であるため、ドリルなどの工具を使用すると破損する可能性があります。

手元にメインキーがある場合は、シャッターを切ってエンジンを始動することができます。

しかし、この方法は本当に最後の手段です。

鍵穴を保護するために、シャッターは非常に頑丈に作られています。

永続的な破壊が続くと引き裂かれる可能性はありませんが、それを破壊するために強い衝撃を加え続けると、鍵の鍵穴が傷つくことがあります。

また、シャッターが破損しても、破片がキーホールの内部に侵入すると、メインキーが磨耗することがない。

最悪の場合、キーホールの各シリンダーを交換する必要があるため、できるだけ避けるようにしてください。

シャッターキーを破壊する方法は、あなたが時間とお金の面でプロの業者に頼ることができない状況を取るのは難しい考えです。

特に、シャッターの破損は非常に危険な方法であるため、可能であれば専門家に相談することは安全です。

専門のキーイングプロフェッショナルに尋ねると、できるだけ早くロックを解除することができます。

出張のほとんどは行われているので、たとえそれがロックされ、移動することが不可能になっても、それは安心な味方になるでしょう。

元のドアシャッターキーをロッカーに開放するために必要な費用

プロの鍵を開けることを尋ねるとき、シャッターキーを開くコストはいくらですか?

キーを開くコストは、元のシャッターキーを開く方法とモペットの種類によって異なります。

市場価格として、8000円~12000円程度と言われています。

さらに、ロックを開くだけでなく、ロックハウス内のキー・キーを製造することも要求できます。

キーボードの製造コストは原型のメーカーや車両の種類によっても異なることが多いので、見積もりをしながらロッカーに相談しましょう。

まとめ

特に、外出先でシャッターキーのトラブルが発生した場合、返すことができない不安からパニックに陥る傾向があります。

技術や知識なしにアマチュアの思考に対処することで回復することができない場合があります。

気楽にするのは不合理な気持ちかもしれませんが、まず落ち着いて、それに対処する方法を考えましょう。

あなたがそれを開く方法を学ぶならば、専門家に依存することなく、最初に使用されたシャッターキーに対処することができるかもしれません。

しかし、あなたが個人的な問題に対処することが難しいと感じる場合は、躊躇せずに専門の販売店に相談しましょう。

それを経験豊富な専門技術に委ねるのが最も安全な方法かもしれません。

関連記事

ページの先頭へ